更新できない賃貸物件

入居者を募集している賃貸物件の中には、定期借家契約というものがあります。一般的な賃貸契約は、2年契約で更新するのが普通です。借り手が住み続けたいと思えばいつまでも住み続けることができ、家主側から更新を断ることはできません。 もちろん正当な理由があれば別ですが、借り手には居住権がありますので、滅多なことでは正当な理由と認められません。例えば老朽化による建て替え等でも認められにくいのが現状です。賃借人が家賃の滞納を繰り返す場合でも、契約時点で滞納がなければもちろんのこと、滞納があっても少しずつ分割で払っているなどの事情があれば、契約解除は難しいです。 この様に、賃貸人から見れば賃借人を過剰に保護していると思えるのが一般的な賃貸契約です。定期借家契約とは、期間満了時に更新をしない、つまり賃借人が退去しなければならない契約です。契約期間満了時に、双方の合意によって再契約できる場合もありますが、基本的には退去しなければならないと思っておいたほうが無難です。 数年後にはまた次の住まいを探さなければならないということで、借り手が躊躇する物件です。このため定期借家契約の賃貸物件は、相場よりも家賃が低めに設定されているのが普通です。

Copyright ©All rights reserved.東京都賃貸の不動産.