投資目的の賃貸物件について

賃貸物件を持つことで家賃収入を得たいと考えている方は少なくありません。 しかし、立地条件や家賃設定を良くしても、供給過多となっている現状では失敗するリスクも大きいと言えます。 しかし、実際供給過多となっているのは単身者向けのワンルームマンションやアパートとなっており、一戸建て住宅の賃貸物件の需要は非常に高いことはあまり知られていません。 そして、集合住宅を建築するよりも、一戸建て住宅を建築する方が、初期投資額は少ないことからも低リスクハイリターンの不動産投資が可能となります。 投資において重要なことは、初期投資の回収となりますが、一戸建て住宅の場合、土地を所有していれば、おおよそ1000万以下で住宅建築が可能となります。 家賃設定を10万前後を見込んでおけば、約10年以下で初期投資が回収可能となるでしょう。 また、不動産投資は立地条件が良いことが前提となりますが、一戸建て住宅は駐車場スペースの確保もできるため、ある程度駅からはなれた立地であっても借り手が見つかりやすく、保育園や学校、病院といった施設に近い物件であればより効果的といえます。 資金に余裕があれば、複数棟建築することも可能となりますし、相続税対策などにも利用可能となります。

Copyright ©All rights reserved.東京都賃貸の不動産.